CYEST ENERGY

Wind Power風力発電について

  • メインバナー

風力発電のプロがワンストップでサポート

サイエストエナジーは日本全国で「小型・大型の風力発電プロジェクト」をはじめ、
自治体等が保有する「既設発電所のリパワリング(大型風車への建て替え)」等、
様々な風力発電施設の開発・コンサルティングに取り組んでいます。
風力発電のプロフェッショナルが、用地の開発~建設・完工、運営・保守のワンストップサポートで、
発電量の最大化へも長期的にお手伝いさせていただきます。
また、発電所建設のための資金調達や中断しているプロジェクトの事業化に関してもご相談ください。

小型風力発電について

日本では、出力20kW未満の風力発電施設が「小型風力発電」と定義されています。
大型風力発電と比べて設置面積が小さくて良く、施設設置コストも低いことが「小型風力発電」の魅力です。

小型風力発電について

導入のメリット

  • 大型と比べて導入しやすい

    大規模な設備や広い土地が必要となる大型風力発電に比べて、設置面積が小さく、計画〜据付までを短期間で行えることが小型風力発電の大きなメリットです。

  • 地域・企業のエコの象徴

    自然エネルギーを利用して発電することはもちろん、バッテリーと組み合わせることで、非常用・防災用の電力確保をサポートすることも可能です。近年では市町村や企業のブランド価値を高めるエコの象徴としても活用されています。

大型風力発電について

出力20kW以上の風力発電施設が「大型風力発電」と定義されています。
小型風力発電に比べて出力効率が高く、コストパフォーマンスの面で有利なことが特長。
一方、最大で高さ25m程度の小型と比較すると、
100m以上になる大型風力発電の施設は景観や騒音による周辺への影響を考慮することが必要です。

大型風力発電について

導入のメリット

  • エネルギー生産の効率性

    風は上空に行くほど強くなるため、発電施設の風車位置が高くなるほど強い風を受けることができます。また、小型に比べてブレードの受風面積が大きいので、一度に多くの風力エネルギーを活用することが可能です。

  • 発電コストが低い

    風力エネルギーは受風面積に比例し、風速の3乗に比例して増大します。そのため、一般的に大型であるほど風力発電施設の発電量が大きくなり、1kWあたりの発電コストが低くなります。

風力発電に関するお問い合わせはこちら